趣味のおっさんブログ

おっさんの興味趣味をさらすブログ。地元密着の酒場が大好き、昼飲みも好き。どうせ飲むなら地元で飲んで地元に金を落としたい。

くまお温泉紀行

小菅の湯

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行今回は、山梨県の小菅の湯でございます。 大月から小菅村に向かう、松姫峠を過ぎたところにある日帰り温泉施設。 いくつか浴槽もある、綺麗な日帰り温泉施設。 丹波山、大菩薩といった山々に囲まれた静かなところ。 pH値:…

ハッカ石温泉(石打ユングパルスナ)

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行今回は、新潟県のハッカ石温泉(石打ユングパルスナ)でございます。 ハッカ石?ハッカでも入っているのか?いやいや、これ二十日石温泉ってことなんですね。 このあたりはスキー客でにぎわうところ石打ユングパルスナは…

正徳寺温泉 初花

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行今回は、山梨県の正徳寺温泉 初花でございます。 元々養鰻業で、ここの鰻は病気知らずの鰻だったという。このことから鰻の養殖用の井戸水にミネラル成分が豊富なことを知り温泉を掘ってみたら、出てきたというのが正徳寺…

こごめの湯

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行今回は、神奈川県のこごめの湯でございます。 湯河原温泉にある日帰り温泉「こごめの湯」 万葉集でも読まれるくらい古い温泉だ。湯河原温泉の歴史は1200年にもなるようだ。 鎌倉時代には「こごめの湯」室町時代には「こご…

清津峡温泉(湯処よーへり)

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行今回は、新潟県の清津峡温泉でございます。 日本三大渓谷「清津峡」黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大峡谷の一つ。 観賞用として「清津峡峡谷トンネル」(有料)がある。 清津峡は数軒の温泉宿があるが、湯処よーへりは日…

貝掛温泉

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行 今回は、新潟県の貝掛温泉でございます。 戦国時代は上杉謙信が傷を癒したとと言われる一軒宿。外観は重厚感ある湯宿といった雰囲気。 貝掛温泉はメタホウ酸を多く含むことから「目」によいとされているようだ。明治時代…

はやぶさの湯

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行 今回は、山梨県はやぶさの湯でございます。 山梨市から秩父に抜ける雁坂道の途中にある日帰り温泉。 決して広くはないが、なんだか癒される。 大広間で寝転がるもよし、個室のもあるのでちょっとした温泉旅行気分も楽し…

大丸温泉

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行 今回は、栃木県那須の大丸温泉でございます。 那須岳の那須ロープウェイ乗り場の手前に一軒宿の大丸温泉旅館がある。建物も風情があり、落ち着く。 複数の露天風呂が楽しめる。特に源泉の湧く川をせきとめて造った『川の…

白州尾白の湯

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行 今回は、白州尾白の湯でございます。 南アルプス天然水で知られている白州。文句なしの名水。 白州・尾白の森名水公園(べるが)に隣接する、日帰り温泉施設。 よく露天風呂には入らない、内湯だけで済ますという方がお…

栃尾又ラジウム温泉(自在館)

己書で描く、くまお己書道場温泉紀行 今回は、栃尾又ラジウム温泉(自在館)でございます。 ラジウム泉で有名な湯治場、栃尾又ラジウム温泉。自在館は、約400年湯守を受け継ぎ二十五代目となる老舗の湯治場。 館内には囲炉裏などもあり、大正時代に建てられ…

四万温泉(積善館)

己書で見る、くまお温泉紀行!今回は四万温泉(積善館) 四万温泉は草津の治し湯とも言われている。 創業元禄七年という四万温泉「積善館」「千と千尋の神隠し」もモデルにもなっていると言われている。あの、赤いレトロな橋を渡って宿の旧館に入る。このレ…

尻焼温泉「川の湯」

いまでこそ、ちょっと有名になったが、くまおが初めて訪れたのは25年以上前。その名の通り、川の底から温泉が湧いていて、自然のままに入るというスタイル。地元の人が中心のド天然自然温泉。 野反湖に向かう国道405号線から脇道を入っていく。最近は訪れる…

みくりが池温泉

標高2410m、日本一高い場所にある天然温泉。 あの立山黒部アルペンルートの室堂にあり室堂ターミナルからは徒歩で15分ほど美しい景色を見ながら散策すればあっと言う間。 ほのかな、硫黄臭の浴槽よこの大型の窓からは大パノラマな山岳風景が広がる。こんな雄…

効くね~松之山温泉の凌雲閣

日本三大薬湯の松之山温泉の凌雲閣さんの日帰り入浴。 昭和13年の建築という本館の建物の昭和レトロな雰囲気にやられる。 くまおブログ「松之山の旅」をご参考 館内に入ると黒光りした床、手入れも行き届いている。階段や床は歩くとギシギシと音がする、なん…