地元飲み推進委員会

おっさんの興味趣味をさらすブログ。地元密着の酒場が大好き、昼飲みも好き。どうせ飲むなら地元で飲んで地元に金を落としたい。

川魚料理「玉泉」~いいね!活鰻から調理。うなぎは好きだなあ。

f:id:kumaoonore:20181005163114j:plain

 

自衛隊通りと交わる櫛引通り沿いにある川魚料理「玉泉」

 

メニューはうな重をはじめ、鯉の洗い、どぜう、アユの塩焼、天麩羅などなど

一品料理も充実、うなぎ屋さんとしてはメニュー豊富です。

 

焼酎の種類が多め。

鰻屋の酒は旨い」と江戸時代から言われてますからね

一品料理をつまみに鰻屋の酒をチビチビと、粋ですなあ。

 

f:id:kumaoonore:20181005163126j:plain

 

通りからはちょっと奥に店舗がある。

店の前に駐車場完備、見たところ7台ほどは駐車できそうだ。

 

 

f:id:kumaoonore:20181005163313j:plain

もともと座敷ほろ間風の店内をテーブル席にリニューアル。

40を過ぎると座敷はつらかったりするのでありがたい(笑)

二階は30名程度収容可能な個室席もあるとのこと。

 

奥の窓のところに器があるのが分かるだろうか。

こちらは店主が陶芸するというので、ロクロと窯が完備されている。

お店の営業時間であれば、だれでも使うことができるとのこと。

近所で陶芸体験なんかいかがでしょうか?

勝手に「玉泉窯」と名付けておく。

 

f:id:kumaoonore:20181005163154j:plain

 

活鰻から調理すると宣言されている。

鰻は鮮度がいちばん、裂きたて焼きたては、一味ふた味違う。

 

関東風のうな重を活鰻から調理すれば、どんなに腕のいい鰻職人でも

出来上がりまでに最低30分~40分はかかる。

 

なので、お急ぎの方はご予約することをお勧めいたします。

 

f:id:kumaoonore:20181005163349j:plain

 

うな重ランチは1470円からだが3分の2尾

せっかく鰻をいただくのなら、上位のグレードのほうが当然ながら満足感は高い。

特上、大うな、特特では1尾付けで鰻の大きさが違うとのこと。

 

f:id:kumaoonore:20181005163412j:plain

うなぎって夏のイメージがあるのだけど、自分的には秋から冬にかけて食べたくなるのね。

 

ランチ時にはうなぎ以外に、天重ランチ・天麩羅定食。きじ重ランチもあるので、

気軽に行ってみてもよいのかもしれない。

 

貴重なうなぎ、ありがたくいただきます。

 

 

店名:川魚料理「玉泉」

所在地:さいたま市北区櫛引町2丁目196

営業時間:11:00~21:30

定休日:月曜日

ホームページ:

 

 

 

玉泉うなぎ / 鉄道博物館駅


昼総合点★★★★ 4.3