くまお己書の地元飲み推進員会

くまお己書道場のくまおです。地元密着の酒場が大好き、昼飲みも好き。どうせ飲むなら地元で飲んで地元に金を落としたい。

うなぎ・天ぷら・すっぽん「安じき」~確かな技術でリーズナブルに楽しめる

f:id:kumaoonore:20181005135015j:plain

 

川越線日進駅の北口を左に進み

踏切の通りを右に50メートルほど進んだところにある。

 

看板にはうなぎ、てんぷらとあるが

すっぽんや、刺身定食、酒の肴などもある

昭和の雰囲気が残る、鰻屋さんだ。

 

店内はテーブル2卓、カウンター6席の

こじんまりと落ち着く店内。

 

f:id:kumaoonore:20181005135031j:plain

 

店主の安食さん。

山形のご出身なのだそうだ。

櫛引町川魚料理「玉泉」さんで18年間修業し

現在の場所に開業して22年になるという。

 

ちょっと前は、この界隈も焼き鳥屋さんとか

飲食店があったんだけどねえ・・・

「いっしん」さんも店たたんじゃったよねえ。

地元で飲んでくれないと、お店もどんどんなくなっちゃうよねえ。

 

ゆっくりと話す店主との会話は、どこか

アットホームでのんびりとした気分になる。

 

f:id:kumaoonore:20181005135057j:plain

ランチ時にお邪魔したが

本日はオフなので、昼から八海山を一杯。

 

お通しが粋な感じだ。

 

f:id:kumaoonore:20181005135115j:plain

 

ランチの刺身定食は1200円

炙ったタコと、マグロ、ブリに2つの小鉢と茶わん蒸しがつく。

厚切りのブリはボリューム感あり。

 

f:id:kumaoonore:20181005135133j:plain

 

大葉の下にはぬた。

マグロの刺身もなかなかのもの。

 

夜もこれで一杯やりたくなるねえ。

 

f:id:kumaoonore:20181005135149j:plain

 

鰻屋さんですから、やはりうな重をいただきます。

寿、松、特上のグレードで鰻の大きさが違うとのこと。

 

仕入れは埼玉では有名な「鯉平」

鹿児島産の一尾付けの特上で2500円とは

今どきたいへんありがたいお値段だ。

 

f:id:kumaoonore:20181005135210j:plain

 

「鯉平」さんの仕入れならものに間違いはない。

確かな川魚の風味と醤油かおるやや辛めのタレがよく合う。

 

じつはすっぽんもかなりリーズナブルにいただける。

 

意外と地元に粋な名店があったりするのだ。

 

 

 

 

店名:うなぎ・天ぷら・すっぽん「安じき」

所在地:さいたま市北区日進町2-1614

電話:048-663-0806

営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00

定休日:月曜日

ホームページ:http://www.unagi-aziki.com/

 

※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。

 

 

 

安じきうなぎ / 日進駅


昼総合点★★★☆☆ 3.8