くまお己書の地元飲み推進員会

くまお己書道場のくまおです。地元密着の酒場が大好き、昼飲みも好き。どうせ飲むなら地元で飲んで地元に金を落としたい。

題名のない大宮昼食会【いざっ、英語でしゃべランチに参加してみた。

大宮駅東口の子ワーキングスペース7fで定期的に開かれている

題名のない大宮昼食会【いざっ、英語でしゃべランチ】に参加してみました。

【英語でしゃべランチ】は

大宮についてゆる~く語りあう「題名のない大宮昼食会」から派生した企画とのことで、始めたころは7fの英会話グループのメンバーが参加していたそうだ。

 

英語・・・あまりいい思い出は無いです(笑)英語にコンプレックスのある日本人です。

 

実は春に台湾に行ったのですが、台湾での日常会話はは中国語。

ビジネスの話になると英語になるのですが、単純な英語でなら会話は成立するのですが込み入った話になってくると理解できないし、返答できない。

ああ、英語が話せるようになったらなあなんていう思いで帰国。

過去にも自分の英語の発音が悪くてアメリカでコーヒーが注文できなかったり、先の台湾でも「水」の発音が悪いらしく通じなかったり(笑)苦い思い出が多い。

 

日本人は中学・高校と6年間英語教育を受けているのになんで話せるようにならないんだろう・・・。

 

この英語でしゃべランチは、お昼を食べながら、ゆるりと、でも「英語のみ」でおしゃべりを試みる企画です。と書いてある。

一度くらい参加してみるか、と気軽な気持ちで参加してみた。

 

コワーキングスペース7fで受付を済ませ、8階の部屋へ行く

階段をのぼりながら、とりあえずハローかな?とか考えつつ部屋のドアを開ける。

 

「今日は一人だけです」と主催者の安部さん。

おやっ、日本語!よかった~理解できる(笑)

 

そして、今日の昼飯、大宮駅で買った駅弁を食べながら

安部さんとゆるーくお話し。

 

f:id:kumaoonore:20181012121016j:plain

安心半分、がっかり半分だけど

主催の安倍さんと英語について話をする。

安部さんは学生時代に2年ほどアメリカ留学をしていたそうだ

現在では、日常で英語を話さないから忘れてしまいますよねと。

 

話しはいつしか英語のライティング、英作文、英語論文の話になり

日本語作文との構成の違いの話に。

 

f:id:kumaoonore:20181012121703j:plain

英語の論文の基本構成

導入イントロで述べたいことの要旨を入れ、body内では見出しを3つ程度にして論じていくそうだ。日本語の作文はぐるぐるまわりながら外堀を固めてから自分の述べたいことを書いていくイメージがある。

この構成はシンプルだし、つかみもしっかりしている気がする。

 

そんな話をゆる~くランチしながら「日本語」で

しゃべってきたのでございます。

実際、英語でしゃべっていたら、スマホの翻訳機能にお世話になりっぱなしだっただろう。今は、スマホなどの翻訳機能を使えばなんとかなるのだが、やっぱりタイムラグなしに会話ができたらなあと思う。

 

 

「英語でしゃべランチ」は英語で話す機会を与えてくれる素敵な企画だ。

また参加してみたいと思う。

 

そして、我が家にはただいま中間試験真っ最中の双子の中学生がいる。

先日、英検を受けてきたようだ。

で、昨日の夕食の時、自分も英検を受ける宣言をしてみた。

宣言を聞いて、少々ざわつく食卓だったが

三日ぼうずにならないよう挑戦しようと思う。